ギフト

長く使いたいものだから

花

小学校生活は六年間と義務教育の中で一番長いですが、その中でも長く大事に使って欲しいランドセル。それを選ぶ基準は人それぞれですが、子どもの意見を聞いて一緒に選ぶことが大切です。

Read More...

一味違う使い方

フラワー

日本では小学生が使うものとして知られているランドセルが、海外ではファッションの一部として人気を得ています。これも、日本製の質の良さやデザイン性の高さが評価されてのことなので喜ぶべきことなのでしょう。

Read More...

現代の端午の節句

児童

端午の節句を祝うための道具の一つである五月人形。最近では子ども向けのキャラクターや全年齢対象のアニメキャラクターとのコラボ商品も作られているので、購入の際の選択肢に入れると幅が広がります。

Read More...

はじめてのお正月

羽子板

お正月の遊びの一つに羽子板があります。今ではほとんど行われていないのですが、この羽子板は、子どもにとって非常に大事な役割があります。子どもが生まれて一番最初のお正月に羽子板を飾ることで、その日一年の無病息災や厄除けを祈願していることになるので、贈り物として大変喜ばれます。一般的な羽子板のイメージは、板に和服の女性の絵が描かれているものですが、贈り物としての羽子板はそれよりもより華やかです。板には女性の絵ではなく、人形がはめ込まれていて、色も金色や赤色だったりと見た目にも豪華です。この羽子板は遊びに使うものではなくケースに入れて飾るものです。飾る時期は大体十二月の中旬頃からで、しまう時期は一月の中旬頃です。羽子板を贈ってくれる祖父母や親戚を招いてお祝いします。今の羽子板は様々な種類があり、ケース入りや平飾りなどが選べるようになっています。羽子板を贈る人は子どもの祖父母である場合が多いですが、ケース入りとなると大きく、重いので、持ち運びが大変です。そこで、インターネットでの注文を利用して送り先に直接持って行ってもらうという方法があります。これなら手間がかかりませんし、大事な贈り物を落としたりして傷つけることもありません。また、このようなサイトには画像付きでたくさんの種類の羽子板が見られるので、購入する際も安心して選べるようになっています。実際に買ったお客様からの声も載せているので、本当に頼んでも良いサイトかを判断する基準にも出来ます。新しく子どもが出来たら、洋服や靴以外でもこのような昔ながらの羽子板を贈ってみるのも良いでしょう。

Copyright ©2016 お正月の贈り物~羽子板で無病息災を祈願~ All Rights Reserved.